楽しく稼ぐmrkenblogライングループ

タグ:ビットコインが付いている記事一覧


ビットコイン 仮想通貨

仮想通貨・ビットコインを購入したい人 「仮想通貨・ビットコインを購入したい人。どの取引所がオススメなのか知りたい人。仮想通貨・ビットコインの購入方法を知りたい人。」 このような人に向けた記事を書きました。 仮想通貨・ビットコインを購入するならコインチェック 僕がビットコインを購入する時コインチェックを使っています。 「なぜコインチェックなのか?」 こう思う人いると思います。 その理由としては… 仮想通貨・ビットコイン取引所に登録する方法 仮想通貨・ビットコインを購入するには取引所に登録しないといけません。 こちらまたは下記からコインチェックの登録ページに飛びます。 20歳以上75歳未満でないと登録できないので注意です。 このようなページに飛ぶので「口座開設」をクリックします。 メールアドレスとパスワードを設定します。 登録したメールアドレスに確認URLが送られるのでクリックします。 クリックしたらこのようなページに移ります。 ここで本人確認を進めます。 電話番号を入力し、送られたSMSコードを入力します。 重要事項を確認し次へ進みます そしたらこのような画面に移るので次へ進みます。 個人情報を記入します。 下記のように写真を撮りアップロードします。 全てを記入した後提出します。 後は待つのみです。 仮想通貨・ビットコインを購入する方法 わからないという方は、こちらの記事で詳しく書いてるのでご覧ください。

ビットコイン 仮想通貨

こんにちは、ミスターケンです。 ビットコインのおすすめの本を知りたい 「ビットコインを始めたいけど何から読めばいいのかわからない人。ビットコインのおすすめの本を知りたい人。」 このような疑問に答えていきます。 僕は2019年8月にビットコインと出会い、それ以来毎日ビットコインについて勉強してきました。 初めの方は知り合いなどから話を聞いていたのですが、わかりにくく独学を始めました。 今ではブログを書くぐらいの知識を持つようになったのですが、初めは勉強に苦戦しました。 なので今回は僕が実際に読んだ おすすめのビットコインの本を紹介していきます。 これを読めばビットコインの知識バッチリになります。 マンガでわかる最強の仮想通貨入門 こちらの書籍超おすすめです! ビットコインについてわかりやすく学べるのもそうなのですが、 イラストやキャラクター設定など学びながら楽しめる本となっています! 「これから仮想通貨の投資を始めてみたい方」にオススメの一冊です! 僕はこれでビットコインにとても興味を持てました! マンガでわかる最強の仮想通貨入門 | SC研究所 |本 | 通販 | Amazon AmazonでSC研究所のマンガでわかる最強の仮想通貨入門。アマゾンならポイント還元本が多数。SC研究所作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またマンガでわかる最強の仮想通貨入門もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 マンガでわかるビットコインと仮想通貨 こちらの本は先ほど紹介したものより少し古いですがおすすめです。 この書籍のモットーでもある 「大事なコトだけサクッとわかる!」 しかも漫画なので気楽にビットコインについて知りたい人はおすすめです! ビットコインの「メリット」、「デメリット」についても書かれているので是非読んでみてください。 マンガでわかるビットコインと仮想通貨 | 三原 弘之, サイドランチ, 立野新治 |本 | 通販 | Amazon Amazonで三原 弘之, サイドランチ, 立野新治のマンガでわかるビットコインと仮想通貨。アマゾンならポイント還元本が多数。三原 弘之, サイドランチ, 立野新治作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またマンガでわかるビットコインと仮想通貨もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 詳解 ビットコイン ―ゼロから設計する過程で学ぶデジタル通貨システム こちらの本超おすすめです! この本一冊読めばビットコインについて全て理解できます。 一度は耳にしたことがあるブロックブロックチェーンについても詳しく書かれています。 […]

ビットコイン 仮想通貨

こんにちは、ミスターケン です。 「ビットコインを買うために家を売れ」 「ビットコインを買うために家具を売れ」 「ビットコインを買うために車を売れ」 など言われたら冗談として受け止めると思います。 しかし、海外の有名投資家Davinci Jeremie(ダヴィンチ)さんはビットコインを購入するために、数億円すると考えられる屋敷を売却するみたいです。 訳すと、 「妻と私はビットコインのために家を売ります。 自分の家が好きだー! 出て行きたくない!」 と話しています。 ダヴィンチさんは2010年、ビットコインが約1000円の時からビットコインに投資していました。 その時からビットコインに投資していたので、コメント欄では 「どれぐらいお金があれば満足するのですか?」 「10ドル台からビットコインを持っていたのではなかったのですか?」 と疑問の声が寄せられていました。 ダヴィンチさんはこう返答しています。 「私の目的は銀行が行なってきた過ちを解決することです。 人類は無権力の中での方が斬新的です。 これらによる結果は想像を絶するでしょう。」 僕のブログを見ている人はわかると思いますが、 ビットコインは世界を変えます。 恐らく数年後、ビットコインが1000万円を突破した時、周りからは 「お前運いいよなw」 「ビットコインを2020年の時に買うことができて」 と言われると思います。 僕はこう返答します。 「いや、ビットコインは0円になる可能性はあったけど そのリスクを見越して俺はビットコインに投資した。 俺は実力で投資してお金持ちになった。」 ビットコインの価値についてまとめたので興味のある方はどうぞ ビットコインの今後 2023年までに最低1000万円 「ビットコインの今後を知りたい。今からでも稼ぐ事ができるの?なぜビットコインの暴落の理由は?ビットコインの今後の見通しは?」このような人に向けた記事を書きました。

ビットコイン 仮想通貨

こんにちは、ミスターケンです。 ビットコインの半減期まで1日とカウントダウンが始まりました。 そんな中ビットコインが半減期前、14万円ほど暴落しました。 実は、僕はこの暴落を綺麗に予測してました。 5月8日に記事を書いたのですが、テクニカル分析でビットコインが10,000ドルから8000ドル付近まで暴落することを予測しました。(例の記事) 綺麗に20週平均線に当たってくれました。 今回は、約15万円暴落したビットコインの近い将来の値動きについてまとめました。 ビットコイン近い将来の値動き 「ビットコイン15万円も下がったから大丈夫じゃない?」 「ビットコインここから上がるでしょ!」 こう思った人いると思います。 全然そのような可能性はあると思いますが、 僕はもう少し近い将来ビットコインは今後もう少し下がるのではないかと考えています。(6000ドルから7000ドル台まで) 「Buy the Rumor, Sell the News」という格言があります。 「噂を買い、ニュースを売れ」という意味です。 今回のビットコインの半減期でネット上の人たちがビットコインに期待していました。 投資家は大衆とは逆の行為をします。 ビットコイン半減期前でほとんどの人が楽観的になっていました。 その結果、半減期直前に暴落。 これは心理的戦略でそこまで説得力がないかもしれませんが、長年相場を見てきた僕にはそう感じています。 いつも「自分と思った逆の方向に行っている」と。 なので僕は大衆とは逆のことを考えるようにしています。 そうしたら、自然にいいとこでビットコインを買えるようになりました。 ビットコインの半減期で期待値が高まっています。 多くの人はビットコインが上昇すると思っています。 ビットコインの今回の暴落は全然許容範囲内です。 テクニカル分析でも見ると、ビットコインを月足で見ると大きな三角形に阻まれています。 テクニカル的にビットコインが5200ドル割ったらピンチです。 今回も上のレジスタスラインで跳ね返りました。 現状ではこの三角形をブレイクしていないので、今後数ヶ月はこの三角形内を推移すると考えています。 2021年序盤まではビットコインを買う機会がたくさんあると考えています。 僕はまだまだ買い増ししたいので、下がっていってほしいです。(笑) まとめ ビットコインは今後もう少し下がると考えている ビットコインの今回の暴落は許容範囲内

ビットコイン 仮想通貨

こんにちは、ミスターケンです。 ビットコインの半減期のカウントダウンが始まりまりました。 この記事を書いている3日後にビットコインは半減期を迎えます。 そんな中、ビットコインが871日にも渡る歴史的レジスタンスラインをブレイクしました。 どの相場でもそうなのですが、ビットコインはテクニカル分析を元に取引されています。 約3年前からビットコインはこのレジスタンスラインと戦い続け、遂にそのラインをブレイクしました。 現在10,000ドル(105万円台)を推移しています。 「このまま上がり続けるの?」 こう考えた人いると思います。 答えを言うと、「それはないです。」 相場は上がったり下がったりの繰り返しです。 下がっては上がり、上がっては下がり 「徐々に価格を上げていく」のです。 ビットコイン半減期の直後を予測 僕の予想ですがビットコインは半減期後、一度8000ドル台まで下がると思います。 水色のくねくね線をみていただければわかりますが、ビットコインは過去数カ月この20週移動平均線をレジスタンスとしていました。 一度は移動平均線をブレイクしますが、サポートとして役割変換できませんでした。 この移動平均線を抜け、サポートとして役割を転換できればとてもいいサインです。 こちらは2016年、2度目のビットコイン半減期数週間後です。 20週移動平均線を抜けた後、移動平均線がサポートとして機能しています この後ビットコインは600ドルから20,000ドルへと爆上がりしました。(六万円から200万円) なので、今後僕が確認したいのは… 20週移動平均線にてレジスタンスからサポートに変換 20週移動平均線がこのままいけば8000ドル付近にあるので なので現在約10,000ドルから8000ドル付近まで下がると考えています。(105万円から75万円) 20週平均線をサポートとして確保できなければ、6600ドル付近を見ています。 この辺で僕は買い増しするつもりです。 ビットコインは2023年までには1000万円を見通しているので、今のうちに買い増ししたいので、個人的には下がって欲しいです。 ビットコインのカウントダウンが始まりました。 「ビットコインの今後2023年まで最低1000万円」までの道は記事にまとめたのでご覧ください。 ビットコインの今後 2023年までに最低1000万円 「ビットコインの今後を知りたい。今からでも稼ぐ事ができるの?なぜビットコインの暴落の理由は?ビットコインの今後の見通しは?」このような人に向けた記事を書きました。 半減期についてまとめたのでご覧ください。今後の価値についても話しています。 ビットコインの半減期とは?わかりやすく解説します ビットコイン半減期とは何か?わかりやすく知りたい人 「ビットコイン半減期とは何か?半減期の重要性を知りたい。半減期によりビットコインの価値が上昇する理由を知りたい。簡単に説明された記事を見たい。」そのような人に向けた記事を書きました。

ビットコイン 仮想通貨

こんにちは、ミスターケンです。 ビットコインの今後のとんでもない値段についてまとめました。 ビットコインの今後について知りたい人 「ビットコインの今後を知りたい。今からでも稼ぐ事ができるの?なぜビットコインの暴落の理由は?ビットコインの今後の見通しは?」 このような疑問に答えます。 ビットコイン暴落の理由 2度目の半減期の後、ビットコインは約60,000円から2,400,000万円まで約2年で上昇しました。 しかし、240万円から30万円付近まで約1年で大暴落しました。 この大暴落をきっかけに、ビットコインを理解していない人々は、「ビットコインはバブルだった」、「0円に行く」と思われています。 ビットコインをよく理解していない方はこちらの記事をご覧ください。 これを読めば「ビットコインの凄さ」、「作られた意味」を知れます。 ビットコインとは?専門用語を使わずにわかりやすく解説します ビットコインとは何か?わかりやすく知りたい人 「仮想通貨について興味はあるけどよくわからない… 他の記事を見たけど専門用語が多くてわかりずらかった…。ビットコインに価値は?簡単に説明された記事を見たい。」 「ビットコイン」を理解したところで… なぜ大暴落したのか説明していきます。 一人の大型投資家が原因2019年9月にテキサス大学とオハイオ大学の教授が「ビットコインの価格は数人の大型投資家により操作されていた」と発表しました。(詳細) ビットコインの価格が大幅に上昇した時に、海外の取引所Bitfinexでビットコインが尋常でない数が買われていたことを発見しました。 この大型投資家がビットコインの暴落を招いたとは言い切れませんが、この説がビットコインの暴落の理由として濃厚だそうです。 もちろん大型投資家により相場が操作されることは多々あることなのですが、僕は単なる「ビットコインの次への準備期間」だと思っています。 2,400,000万円から300,000万円台まで下がったビットコインの暴落は、「ビットコインが次の準備」をするために必要だったということです。 ビットコインの次の準備とは過去のビットコインの半減期後を見る限り、ビットコインは半減期後、急騰し、その後ビットコインの価格が急落しています。 ビットコインの半減期がなぜ価格が上がっているのかは下記の記事に書いてます。 ビットコインの半減期とは?わかりやすく解説します ビットコイン半減期とは何か?わかりやすく知りたい人 「ビットコイン半減期とは何か?半減期の重要性を知りたい。半減期によりビットコインの価値が上昇する理由を知りたい。簡単に説明された記事を見たい。」そのような人に向けた記事を書きました。 いずれも半減期後、大幅にビットコインの価格が暴落しましたが、最終的に次の半減期で最高値を更新しています。 過去の半減期を見ていくと 2012年→1000円台から10万円台まで上昇→一万円代まで暴落 2016年→6万円代から240万円まで上昇→30万円代まで暴落 2020年→1000%上昇?(90万円代から約1000万円から3000万円の範囲まで) 半減期後、価格が最高値を記録し、その後暴落していることがわかります。 しかし、実はこれが「ビットコイン相場の理」なのです。 この画像がビットコインの相場を表しています。 見てください。チャートと図が対照的です。 この暴落は「相場の理」であり、「自然」なのです。 さっきの図と比べたら今、ビットコインは「Media Attention」(メディアの注目)の前にいると思います。 ここからのビットコインの価格の爆上げは目前でしょう。 画像にもありますが、2023年には1000万円を優位に超えていると考えられます。 その理由について今から説明していきます。 ビットコインの今後 「ビットコインの今後ってまだ上がるの?」 こう言った疑問を持つ人いると思います。 ここからは僕の意見ではなく、有名投資家の証言を紹介します。 2024年までに3000万円 こちらのツイートをみてください。 これは海外の有名投資家が作成したビットコインのストック・フロー比率のチャートです。 こちらのチャートによると2020年から2024年の間にビットコインは288,000ドル、約3000万円を到達すると予測されてます。 ストック・フロー比率の記事はまた書きたいと思います。 2023年中盤に1000万円から3000万円 今までの周期でいうと、ビットコインは半減期の約1から2年後に高値を更新していました。 ですが、こちらの投資家は2023年中盤あたりに最高値を更新すると話してます。 彼は「ビットコインの周期が長くなっている証拠」という動画で数学的にビットコインの周期が長くなっていってることを証明しました。 […]

ビットコイン 仮想通貨

ビットコインのマイニングとは何か?やり方を知りたい人「ビットコインのマイニングとは?マイニングの仕組みを知りたい。安全なの?マイニングって儲かるの?簡単にまとめた記事を見たい…。」 このような人に向けた記事を書きました。 ビットコインのマイニング(採掘)とは 超簡単に説明すると マイニングはビットコインが生成される場所です。 ビットコインの「送信」、「受信」といった取引のデータを記録する作業です。 作業の報酬としてマイナー(取引を記録した者)はビットコインを受け取ります。 超簡単に説明したらこの3点です。 大量の石から金を採掘することに似ていることから「マイニング」と呼ばれています。 もう少し詳しく説明していきます。 ビットコインの取引を記録する作業とは 世界中でビットコインの取引は毎日行われています。 その金額は数10億円、数100億円といった膨大な取引量になります。 マイナー(採掘者)と呼ばれるスーパーコンピューターを持っている企業が、 ビットコインの世界中の取引をブロックチェーン(取引を記録する場所)に、 「ブロック」(取引の詳細をまとめた物)として記帳する作業です。 そして、ブロックには「いつ」「誰が」「どのくらいの量のビットコインを取引 したのか」が記録されており、世界中の誰もがその取引を見ることができます。 こんな感じで実際に僕の取引が記録されています。赤の他人も見ることができます。 すなわち、この「取引を記録する作業」がビットコインのマイニングです。 ビットコインのマイニングは誰がしているのか 世界中にたくさんの「マイナー」と呼ばれる、ビットコインの取引を記録している企業がたくさんあります。 ビットコインの取引を承認した報酬として、マイナーはビットコインを受け取ります。 約10分に1度、6.25ビットコインがマイナーに支払われます。 1ビットコインが100万円なら10分間で625万円という高額な報酬を受け取ることができます。このようにしてマイナーはビットコインの取引を記帳する代わりに、報酬としてビットコインを得ています。 この報酬で得たビットコインをマイナーが取引所で売って、取引所にビットコインが供給されます。 それをビットコインを需要している人が買う感じです。 ビットコインのマイニングとは簡単に言うとこんな感じです。 簡単に仕組みを説明しました。 大まかな機能を説明をしたところで、僕たちもマイニングにより報酬を得られるのか? 疑問に思った人いると思います。 これについて話していきます。 ビットコインのマイニングの仕組み 先ほど説明しましたが、ビットコインのマイニングはマイナーと呼ばれるスーパ ーパソコンを保有している企業が行なってます。 「個人でやることはできないの?」… 結論から言うと「できます」が、超非効率的です。 なぜ非効率的なのか マイニングには莫大な電気代がかかる スーパーコンピューターなどの器具が必要 超簡単にまとめたらこの2点です。 ビットコインが値段が数千円から万円代だった時、個人のパソコンでマイニングで収益を出すことが可能でした。 ですが、ビットコインの値段が上昇するにつれ、いわゆるマイナー(ガチ勢)が、スーパーコンピューターを何千台も使ってマイニングを始めた為、ビットコインのマイニングの競争率が上がり、今では個人で利益を出すのは不可能になりました。 「個人でマイニングができないのなら、マイニングできないのじゃ…」 こう思った人いると思います。 その通りです。 なので、代わりにマイニングをしている企業に頼んでマイニングをしてもらいます。 これを「クラウドマイニング」と言います。 クラウドマイニングとは ビットコインのマイニングを行なっている企業に投資してマイニングをしてもらう方法です。 僕も実際にクラウドマイニングを行なっています。 クラウドマイニングのメリット 電気代が一切かかりません。 スーパーコンピューターなどの器具の必要性がありません。 企業に投資したお金で企業がマイニングをする感じです。 […]

ビットコイン 仮想通貨

こんにちは、ミスターケンです。 今回のビットコインの半減期について簡単にまとめました。 ビットコイン半減期とは何か?わかりやすく知りたい人「ビットコイン半減期とは何か?半減期の重要性を知りたい。半減期によりビットコインの価値が上昇する理由を知りたい。簡単に説明された記事を見たい。」 このような人に向けた記事を書きました。 ビットコインの半減期とは? 2020年5月にビットコインは3度目の半減期を迎えます。 超簡単に要約すると、この1点です。 「だから何?」…と思う人いると思います。 実はこれがビットコインに価値がつく理由です。 投資家にとってビットコインの半減期は超大事 ビットコインの供給量は4年に1度半減されます。 ここで多くの人は、「ビットコインはどのように供給されているの?」と疑問に思っているはず。 これは、マイニングという作業により供給されます。 マイニングとはマイナーと呼ばれるスーパーコンピューターを持っている会社がビットコインの日々の取引をブロックチェーン(取引を記録する場所)に記録する作業です。ビットコインの取引で不正が行われていないのかを確認し、取引を管理します。この作業の報酬として、マイナー達はビットコインを得ます。 簡潔に説明したらこんな感じです。 詳しく知りたい方はこちら ビットコインのマイニングとは?やり方など説明します ビットコインのマイニングとは何か?やり方を知りたい人 「ビットコインのマイニングとは?ビットコインのマイニングのやり方は?マイニングを始めてみたいけどやり方がわからない。安全なの?マイニングって儲かるの?簡単にまとめた記事を見たい…。」 現在の報酬額は12.5ビットコインで、次の半減期で報酬額が6.25ビットコインに半減します。 半減期によって、ネットワークに供給されるビットコインは半減し、需要が高まればビットコインの価値が大幅に上昇可能性があります。 過去のビットコインの半減期 過去の半減期を見ていきましょう。 半減期は今までで2度行われ、3度目の半減期は2020年5月12日に行われます。 この記事を書いているのは2020年5月1日なので皆様がこの記事を見ている頃には半減期は過ぎていると思います。 ですが、半減期の数カ月から数年後にビットコインの価値が上昇されるといいます。 1度目のビットコインの半減期 (2012年11月28日) 2度目のビットコインの半減期 (2016年7月9日) 縦の白点線がビットコインの半減期が行われた場所です。 いずれも半減期の後、ビットコインの価値がものすごい勢いで上昇していることがわかります。 3度目のビットコインの半減期 (2020年5月12日) 僕が使ってるチャートはこちら 過去の半減期を見ていくと 2012年→9000%上昇 2016年→3000%上昇 2020年→1000%上昇?(約1000万円から3000万円) 過去の半減期は2度しかありませんが、3分の1ずつピークが減少していることがわかります。 現在の値段約90万円→3年後約1000万円から3000万円 とかなったらやばいですね。 結論 半減期はビットコインの価値が大きく上昇するチャンスです。 過去のデータから見ても半減期後ビットコインの価値が大幅に上昇しています。 僕はビットコインコツコツ2021年上旬まで買い続けます。 こちらの記事も合わせてどうぞ ビットコインとは?専門用語を使わずにわかりやすく解説します ビットコインとは何か?わかりやすく知りたい人 「仮想通貨について興味はあるけどよくわからない… 他の記事を見たけど専門用語が多くてわかりずらかった…。ビットコインに価値は?簡単に説明された記事を見たい。」

ビットコイン 仮想通貨

こんにちは、ミスターケンです。 今回は話題沸騰中の「ビットコイン」をわかりやすくまとめました。 ビットコインとは何か?わかりやすく知りたい人「仮想通貨について興味はあるけどよくわからない… 他の記事を見たけど専門用語が多くてわかりずらかった…。半減期とは?過去に流出事件とかあったけど大丈夫なの?ビットコインに価値は?簡単に説明された記事を見たい。」 このような人に向けた記事を書きました。 ビットコインについて触れる前に… 通貨の概念について話したいと思います。 お金とは? 超簡単に言うと、この3点です。 ビットコインについてもう少し詳しく説明する前に、多くの人の不安に残った仮想通貨流出事件についてわかりやすく話します。 仮想通貨流出事件 記憶に残っている人は多いと思いますが、2018年1月にコインチェックという仮想通貨の取引所で5億円分の仮想通貨がハッキングされました。 仮想通貨を詳しく知らない人はよく勘違いするのですが、 仮想通貨には様々な種類があります。 ハッキングされた通貨はビットコインではなく、ネム (NEM/XEM) という全く別の通貨です。 ハッキングされた原因は取引所にあり、仮想通貨自体には全くありません。 なので、仮想通貨を購入する場合は、信頼できる取引所を選択する必要性があります。 信頼性のある取引所で取引すれば何の心配もいりません。 仮想通貨についての不安が薄くなったところでビットコインについてもう少し詳しく説明すると… ビットコインは世界初の非中央集権的(政府に制御されていない)通貨です。「非中央集権って何?」と思う方もいると思いますが、今は日本銀行のように通貨を発行する権利がない的な感じで思ってください。 全てのビットコインの取引はブロックチェーンという場所(取引を記録する場所)で行われ、世界中の誰もがその取引をブロックチェーンで確認できます。 ビットコインは自分の資産を完全に管理する権限をくれます。 超簡単に説明すると普段僕たちが使ってる1万円札などは、日本銀行がいつでも好きなように発行しています。無いとは思いますが、突然日本銀行が「1万円札は今日から0円になります。= ゴミになります。」ということができます。こういった事件は実際インドで起こってます。詳しくはこちら 非中央集権的通貨とは ビットコインの価値 「ビットコインの価値ってまだ上がるの?」 こう言った疑問を持つ人いると思います。 ここからは僕の意見ではなく、有名投資家の証言を紹介します。 2024年までに3000万円 こちらのツイートをみてください。 これは海外の有名投資家が作成したビットコインのストック・フロー比率のチャートです。 こちらのチャートによると2020年から2024年の間にビットコインは288,000ドル、約3000万円を到達すると予測されてます。 ストック・フロー比率の記事はまた書きたいと思います。 よく勘違いされる点 よくビットコインを初めて知った人に勘違いされるのですが、 「ビットコインは高すぎる....1ビットコイン買えない...」と。 恐らく多くの人は勘違いしていると思うのですが、ビットコインはどの金額からでも購入できます。 1ビットコインから購入しなくてもいいのです。 多くの人は1ビットコインからしか購入できないのだと勘違いしています。 ビットコインの最小単位は決まっておりません! 例えば、0.0000001ビットコインも買えるし、0.0341ビットコインも買える。 購入の方法を様々あり、マイナーと呼ばれる会社に投資してビットコインを得る方法、取引所でビットコインを購入する方法があります。 勘違いは無くなったと思うので、次に進みます。 2023年中盤に1000万円から3000万円 今までの周期でいうと、ビットコインは半減期の約1から2年後に高値を更新していました。 ですが、こちらの投資家は2023年中盤あたりに最高値を更新すると話してます。 彼は「ビットコインの周期が長くなっている証拠」という動画で数学的にビットコインの周期が長くなっていってることを証明しました。 彼は「ビットコインは以前の半減期と同じ様にはならない。最高値を更新するまでもっと時間がかかる。」と話しています。 彼の計算でいくと、2023年中盤までにビットコインは1000万円から3000万円のどこかで最高値を更新すると話しています。 これらの情報をまとめたら「ビットコインは何もしなくても稼げる」ということです。 僕もビットコインに投資しており、2024年までには数億円稼ぐ予定です。 僕の考えをまとめと記事とビットコインの購入方法の記事は完成次第ここに貼ります。 ビットコイン半減期とは? […]