楽しく稼ぐmrkenblogライングループ

ビットコインの半減期とは?
わかりやすく解説します

ビットコイン 仮想通貨

こんにちは、ミスターケンです。

今回のビットコインの半減期について簡単にまとめました。

ビットコイン半減期とは何かわかりやすく知りたい人
「ビットコイン半減期とは何か?半減期の重要性を知りたい。半減期によりビットコインの価値が上昇する理由を知りたい。簡単に説明された記事を見たい。」

このような人に向けた記事を書きました。

コインチェック

ビットコインの半減期とは?

2020年5月にビットコインは3度目の半減期を迎えます。

超簡単にまとめると

  • ビットコインの供給量は2100万枚が上限で、4年に1度ビットコインの供給量が半減する

超簡単に要約すると、この1点です。

だから何?」…と思う人いると思います。

実はこれがビットコインに価値がつく理由です。

投資家にとってビットコインの半減期は超大事

ビットコインの供給量は4年に1度半減されます。

ここで多くの人は、「ビットコインはどのように供給されているの?」と疑問に思っているはず。

これは、マイニングという作業により供給されます。

マイニングとは
マイナーと呼ばれるスーパーコンピューターを持っている会社がビットコインの日々の取引をブロックチェーン(取引を記録する場所)に記録する作業です。ビットコインの取引で不正が行われていないのかを確認し、取引を管理します。この作業の報酬として、マイナー達はビットコインを得ます。

簡潔に説明したらこんな感じです。

詳しく知りたい方はこちら

現在の報酬額は12.5ビットコインで、次の半減期で報酬額が6.25ビットコインに半減します。

半減期によって、ネットワークに供給されるビットコインは半減し、需要が高まればビットコインの価値が大幅に上昇可能性があります。

過去のビットコインの半減期

過去の半減期を見ていきましょう。

半減期は今までで2度行われ、3度目の半減期2020年5月12日に行われます。

この記事を書いているのは2020年5月1日なので皆様がこの記事を見ている頃には半減期は過ぎていると思います。

ですが、半減期の数カ月から数年後にビットコインの価値が上昇されるといいます。

コインチェック

1度目のビットコインの半減期 (2012年11月28日)

11ドルから1038ドルまで価値が上昇しました。(約9,000%の上昇)

2度目のビットコインの半減期 (2016年7月9日)

576ドルから20,000ドルまで価値が上昇しました。(約3000%の上昇)

縦の白点線がビットコインの半減期が行われた場所です。

いずれも半減期の後、ビットコインの価値がものすごい勢いで上昇していることがわかります。

3度目のビットコインの半減期 (2020年5月12日)

僕が使ってるチャートはこちら

過去の半減期を見ていくと

  • 2012年→9000%上昇
  • 2016年→3000%上昇
  • 2020年→1000%上昇?(約1000万円から3000万円)

過去の半減期は2度しかありませんが、3分の1ずつピークが減少していることがわかります。

現在の値段約90万円→3年後約1000万円から3000万円

とかなったらやばいですね。

コインチェック

結論

半減期はビットコインの価値が大きく上昇するチャンスです。

過去のデータから見ても半減期後ビットコインの価値が大幅に上昇しています。

僕はビットコインコツコツ2021年上旬まで買い続けます。

こちらの記事も合わせてどうぞ

コインチェック


人気記事 仮想通貨・ビットコインを購入する方法

人気記事 ビットコインとは?初心者でも余裕でわかります

人気記事 ビットコインの今後 2023年までに最低1000万円